記事の中にネタバレを含む場合があります。知りたくない方はご注意ください!

シーズン1 ネタバレ感想予想

【バチェラーシーズン1】6話ネタバレ&感想!サプライズでバチェラーの心をつかめ!

https://picapickup.click/bachelor/より引用

シーズン1の第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。(2017年3月17日配信)

今回は場所を横浜に移して、女性陣の壮絶なバトルが再開。

バチェラーへのサプライズプレゼントを準備してバラをゲットしたのは…!?



アクティブデートの裏で起こるバチバチの探り合い

横浜デートのスタートはグループデートから。

バチェラーと選ばれた5人の女性たちはバブルサッカーをして思う存分楽しみます。

https://mdpr.jp/news/detail/1671409より引用

ここで存在感を発揮したのはゆきぽよ

積極的に体を動かして、声を出して場を盛り上げていました。

そんな様子を微笑ましく見ていたバチェラー久保さん。

ゆきぽよとは素で向き合えている様子の久保さんでした。

選ばれた5人がデートを楽しんでいる中、残されたメンバーにはバチェラーからツーショットデートのお誘いが。

http://kokodouga.hatenablog.com/entry/bachura-6より引用

しかしデートの相手の指名はありません。

女性5人で話し合ってツーショットデートをする女性を決める、という提案が書かれていました。

5人の女性からは悲鳴。

じゃんけんやあみだくじで決めてはいけないとの指示も。

なんとも酷な内容なのでした。

残された女性は鶴さん、森田さん、柏原さん、古賀さん、岡田さんの5人。

それぞれが自分がいかに久保さんから特別に扱ってもらっているかをアピール。

しかし、これまでほぼデートに呼ばれてない森田さんは自信なさげ。

そんな森田さんに、「モリモリは行っても大丈夫だよ

と話す柏原さん。

つまり自分は森田さんよりはリードしている、という自信の表れなのでした。

その様子を見て「性格悪くない?」と話す古賀さん。

バチバチとした雰囲気で話し合いは進みました。

そして一旦はデートの相手は森田さんで決まったかに見えましたが…。

 

ロマンチックデートにサプライズ攻撃

結局、話し合いの結果、ツーショットデートに現れたのは古賀あかねさんでした。

素直にうれしそうな久保さん。

ドレスアップした二人は空から横浜の景色を眺めるヘリデートをするのでした。

狭い機内で寄り添う二人。

会話も弾み距離がグッと縮まったようです。

そして久保さんからバラのプレゼント、サプライズローズ!

ヘリから夜景を眺めながら、バラを渡される…。

ものすごくロマンチックなシチュエーションに、幸せいっぱいの古賀さんでした。

その翌日、久保さんは妹さんの結婚式に出席するため、日中は不在に。

そこで女性たちは久保さんにサプライズプレゼントを準備します。

それぞれが特技を生かしたものを考えたり、試行錯誤。

夜になり久保さんがやってきました。

まず最初に出迎えたのは、なんと黒髪にチェンジしたゆきぽよ

これにはびっくりの久保さん。

髪色だけでなく、メイクやネイル、服装まで、久保さんが好みだと言っていたモード系に変身したのでした。

そして想いをしたためた手紙を読むゆきぽよ。

その変貌ぶりと手紙を読む姿がいじらしくて、久保さん、思わずゆきぽよを抱きしめるのでした。

https://mdpr.jp/news/detail/1671409より引用

次々とプレゼントを披露する女性たち。

お揃いの手作りミサンガをプレゼントしたり、油絵をプレゼントしたり、料理をふるまったり。

色々な方法で久保さんを驚かせるのでした。

結局デートに行けなかった森田さんは、一緒にピアノ演奏をして、メッセージカードをプレゼント

このサプライズが一番心に残った、と久保さん。

女性陣みんなからの心のこもったサプライズに、感激しっぱなしなのでした。

 

装いを新たに、運命のローズセレモニー

今回のローズセレモニーは久保さんからの提案で、女性陣が着物を身にまといました。

あらかじめバチェラーが用意した着物に着替えるメンバーたち。

しかし和装と言えば、と気合が入ったのが岡田ゆり子さん。

着付け師をしているだけあって着こなしは完璧。

自前の着物でバチェラーにアピールしました。

カクテルパーティーでは、最初に久保さんから誘われたゆきぽよ。

回を追うごとに距離を縮める二人に、他の女性たちも

ぽよがかわいくて仕方ないんだろうね」と。

そして運命のローズセレモニーが始まりました。

https://picapickup.click/bachelor/より引用

用意されたバラは8本。

2人がここで脱落となります。

今回脱落した2人

  • 鶴愛佳さん
  • 飯倉早織さん

みんなのことをよく知ってからお別れできてよかったです

それぞれがともに過ごした戦友に別れを告げ、去っていきました。

 

『バチェラーシーズン1』第6話の感想

今回も楽しそうなデートをしていましたね。

それにしてもデートの相手を自分たちで話し合いで決める、なんて…。

みんな行きたいに決まってますよね。

しかもみんな森田さんなら大丈夫と思ってる感じ。

確かにデートにはあまり誘われてないですけど、あからさまにそれを言われると、腹立ちますよね。

バチバチな感じにハラハラしました。

サプライズの場面で驚いたのはゆきぽよでした。

我先に「渋谷行ってくるー」と言って出かけて行ったゆきぽよ。

スタイルチェンジに行ってたんですね。

黒髪も似合っててかわいかったです。

その様子を見た久保さんも、すっごく嬉しそうでしたね。

ずっと愛おしそうにゆきぽよを見ていたのが、私的に今回一番印象に残っています。

ここまで話が進んでくると、毎回のローズセレモニーは辛くなってきます。

今回はなんとあの、鶴愛佳さんが脱落してしまいました。

最初は何となく嫌な女の雰囲気を醸し出していた気がする鶴さん。

でも進んでいくうちに、仲間想い、久保さん想いな部分がどんどん見えてきましたね。

もう少し見たかった気もするので残念です。

最初に25人だった女性たちも、いよいよ8人まで絞られました。

誰が脱落しても辛いんですが、誰が選ばれるのか続きも楽しみです!

Sponsored Link

-シーズン1, ネタバレ感想予想

Copyright© バチェラージャパンCLUB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.